*

お酒を飲むとアトピーは悪化するか?

公開日: : アトピーの疑問解決

お酒を飲むとアトピーが悪化するから我慢しているという人も多いのではないでしょうか。

お酒にはリラックス効果もあり、適量であれば健康効果も期待できるものですが、アトピーの人は控えた方が良いのでしょうか。

お酒はアトピー肌に悪影響を及ぼすと考えている人も多いでしょう。

また実際に、お酒を飲んで肌が赤くなり症状が酷くなったという人もたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、お酒自体がアトピーに直接に悪影響を及ぼすことはないと言われています。

ただ実際にお酒を飲んで、アトピーが悪化してしまう人がたくさんいるわけなのですが、これはどうしてなのでしょう。

誰でもお酒を飲むと気分がリラックスして顔も赤くなりますが、これは血行が良くなっているからです。

お酒を飲んで血行が良くなっていることがアトピー悪化の原因となっているのです。

飲酒すれば、アルコールが胃から小腸へと向かい血液に入り、身体に吸収されていきます。

血液中のアルコール度数が増すと毛細血管が拡張されるので、血行が促進されます。

血行が促進する際にヒスタミンという成分が分泌されるので、それで痒みが増してくるのです。

お酒を飲んでいる時に痒みが出てくると、無意識のうちに掻きむしってしまうことも多いです。

翌朝、気がついた時にはアトピーが悪化していたということになるのです。
お酒を飲めばリラックスして気分も開放的になりストレス解消にもなりますから、アトピーだからと我慢し過ぎるのも問題です。

適量であれば、アトピーもそれほど悪化することもないでしょう。

ストレス解消効果の方がメリットも大きいと思われるので、もしも痒みが出てくるようならそこで止めるなど自分の許容範囲を把握しておくことも大切です。

また安心してお酒を飲むためには、お酒を飲みながら水分補給もしっかりとするようにしましょう。

お酒と水を交互に飲めば悪酔いしにくくなると同時に、アトピーの悪化も防げます。

水とお酒の割合は1対1くらいが良いでしょう。

水とお酒を交互に飲めば血液中のアルコール濃度も薄まるので、痒みも抑えることができます。

また、おつまみもしっかりと食べながらお酒を飲むようにしましょう。
ビタミンはアルコールを分解する際にたくさん必要になります。

油っこいものばかりでなく、ビタミン豊富なサラダやお漬物なの野菜もしっかりと摂りましょう。

お酒を飲めば確かに血行が良くなり、それによりアトピーの痒みも増してきますが適量であれば問題ないでしょう。

水を交互に飲んだりおつまみもしっかり食べて上手に飲めば、アトピーも悪化しないので安心して良いでしょう。

関連記事

no image

アトピーに岩盤浴は効果的か?

デトックスやダイエット効果が期待できる岩盤浴が人気ですが、アトピーにも良いと言われています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
アトピーと睡眠の関係

疲れているのにアトピーの痒みでなかなか眠れないという方も多いのではない

no image
アトピーによる傷跡の簡単な治し方

強い痒みを伴うアトピーは、どうしても無意識のうちに掻きむしってしまい色

no image
耳の中がアトピーで痒い時の対処法

アトピーになると顔や腕、足など身体のあらゆる部分が痒くなるという辛い症

no image
アトピー肌の肌着はこれを着れば問題なし!

アトピー肌を悪化させてしまう原因に洋服の摩擦が挙げられます。 常

no image
治りかけのアトピー肌にはこのスキンケア!

アトピーが改善されるまでにはさまざまな工程があります。 バリア機能が

→もっと見る

PAGE TOP ↑