*

お菓子とアトピーの関係

公開日: : アトピー豆知識

チョコレートやケーキ、プリンやアイスクリームなど甘いお菓子が大好きという人も多いかと思いますがアトピー肌の人にとっては危険な食べ物です。

アトピーの症状が酷くなっている時に、甘いお菓子をたくさん食べると症状が悪化する恐れがあります。

痒みや痛みでアトピー肌の人はストレスが溜まりがちです。
そのストレスがさらに痒みを増してしまうという悪循環に陥りがちなのです。

その大きなストレスのために、ついつい甘いものを食べすぎてしまう人もいるでしょう。
甘いお菓子が大好きで、アトピーには良くないと分かっていても止められない人もいるでしょう。
しかし、実際にアトピー肌の人が糖分を摂りすぎると症状が悪化することが分かっています。

ストレスを解消するために食べてしまう甘いお菓子が、さらに症状を悪化させてしまっています。

ではどうして甘いお菓子が良くないのかと言えば、甘いお菓子には大量のお砂糖が入っていてそれが腸内環境を悪化させてしまうからです。

アトピー改善のためには腸内環境を改善することが必須です。
腸内で分解されなかったアレルゲンが体内に吸収されて、それを皮膚から排出させようとしてるのがアレルゲンです。

ですから腸内の働きを整えてあげることがとても大切なのです。

しかし、お砂糖は悪玉菌であるカンジダ菌のエサになってしまいます。
通常であれば乳酸菌などの善玉菌によって繁殖が抑えられているカンジダ菌ですが、アトピー患者の腸内では異常繁殖していることが多いと言われています。

そのため腸壁が弱まり、腸の働きが低下してしまっています。
甘いお菓子をたくさん食べることは、異常繁殖したカンジダ菌にさらにエサを与えることになります。

また、お砂糖をたくさん摂ると副腎の機能が低下してしまいます。
ホルモンやインスリンを生成する臓器が副腎で、この副腎から生成されているのが副腎皮質ホルモンです。

人間の免疫をコントロールしているのが副腎なのですが、同時に糖分がエネルギーに変換されるためのサポートもしています。

甘いお菓子をたくさん食べれば副腎がエネルギー変換ばかりのために働くので、免疫機能が弱まってしまうのです。

長い間、糖分を大量に摂取する食生活を続けていれば、副腎には大きなダメージとなり機能が低下しアトピー悪化につながります。

甘いお菓子を食べることはアトピー悪化につながりますが、完全に食べないのも辛いですね。

お砂糖の代わりにオリゴ糖を使ったお菓子などもあるので、我慢し過ぎないことも大切です。

関連記事

no image

アトピー肌の肌着はこれを着れば問題なし!

アトピー肌を悪化させてしまう原因に洋服の摩擦が挙げられます。 常に素肌と密着している肌着選びは

記事を読む

no image

海水でアトピーが改善する?その理由とは

海水浴をしたらアトピーの症状が軽くなったという声を聞いたことがないでしょうか。 アトピーを改善させ

記事を読む

no image

食べすぎはアトピーを悪化させる

アトピーは食べ物とも非常に深い関わりがあります。 何をやってもなかなかアトピーが治らない場合には食

記事を読む

no image

アトピーと睡眠の関係

疲れているのにアトピーの痒みでなかなか眠れないという方も多いのではないでしょうか。 しかし美肌

記事を読む

no image

アトピーの最新治療※2017年現在

症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すアトピーに悩まされている人も多いかと思いますが、医療の進歩に

記事を読む

no image

白内障とアトピーの意外な関係とは

目の水晶体が白濁することで起こる白内障は、主に加齢が原因とされています。 目のかすみや二重や三

記事を読む

no image

アトピー肌にリンデロンを使うときの注意点

アトピー肌の治療にはステロイド薬の使用が欠かせません。 皮膚科でリンデロンと言うお薬をもらったけど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
アトピーと睡眠の関係

疲れているのにアトピーの痒みでなかなか眠れないという方も多いのではない

no image
アトピーによる傷跡の簡単な治し方

強い痒みを伴うアトピーは、どうしても無意識のうちに掻きむしってしまい色

no image
耳の中がアトピーで痒い時の対処法

アトピーになると顔や腕、足など身体のあらゆる部分が痒くなるという辛い症

no image
アトピー肌の肌着はこれを着れば問題なし!

アトピー肌を悪化させてしまう原因に洋服の摩擦が挙げられます。 常

no image
治りかけのアトピー肌にはこのスキンケア!

アトピーが改善されるまでにはさまざまな工程があります。 バリア機能が

→もっと見る

PAGE TOP ↑