*

アトピー肌にリンデロンを使うときの注意点

公開日: : アトピー豆知識

アトピー肌の治療にはステロイド薬の使用が欠かせません。
皮膚科でリンデロンと言うお薬をもらったけど、ステロイドが入っているようで怖いと感じている人もいるかも知れません。

ステロイドも上手に使えばアトピー肌を改善するのに大いに役立ってくれます。

くり返す痒みと痛み、湿疹に悩まされるアトピー肌の人は、最初は市販のクリームを使ってみたり、自己流の方法で改善しようとするでしょう。

しかし、それでもなかなか改善されないこともあるでしょう。

仕事や勉強に支障が出るほどに症状が悪化することもありますから、そのような場合には早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

皮膚科を受診すれば、症状に応じた治療薬が処方されます。

内服薬と塗り薬の外用薬の両方が処方されることがほとんどで、その中にはリンデロンという塗り薬もあります。

リンデロンは、ステロイドと抗生物質が配合された塗り薬です。
抗炎症作用や抗アレルギー作用のあるお薬で、悪化した湿疹の炎症もスピーディに抑えてくれる効果が期待できます。

リンデロンが処方されるのは、炎症がひどく細菌感染もしているケースです。
劇的に症状を抑えてくれるステロイドですが、副作用が怖いと感じている人も多いでしょう。

一度使うと症状がぶり返し、より悪化してしまうなど、ステロイドに対してよいイメージを持っていない人も多いはずです。
そもそもステロイドとは、人の体内にある副腎皮質ホルモンを人工的に作ったものです。

副腎皮質ホルモンは副腎皮質から分泌されるホルモンで、体内の炎症を鎮めたり免疫バランスを保つ作用があります。

この作用の代わりをするための成分がステロイドで、さまざまな種類があります。
作用の強さによって5段階に分けられているのですが、リンデロンは3段階の強力な分類となっています。

比較的強い抗炎症作用や免疫抑制作用があるステロイドになります。
皮膚の炎症や腫れ、赤みを抑えてくれる作用があります。

強力なステロイドと聞けば怖くなりますが、酷い炎症を起こしたアトピー肌をそのままにしておけばさらに悪化します。

医師の指示に従って利用すれば必要以上に怖がることもなく、上手に利用することで悪化したアトピー肌も短期間で治療できます。
リンデロンは、朝と夜の洗顔後やお風呂上りの清潔な肌に使用します。

1日に1回から数回程度使用しますが、この回数は医師の判断に従いましょう。
症状がある部位に直に塗ったり、ガーゼなどにリンデロンを伸ばしこれを症状のある部分に貼ります。

リンデロン軟膏は、塗り込まないようにしましょう。
薄く馴染ませるようにつける程度で大丈夫です。

リンデロンも上手に使えば辛い症状も素早く抑えてくれて短期間でアトピー肌が改善できます。

自己判断で止めるのがもっとも怖いことですから、医師の指示に従って正しく使いましょう。

関連記事

no image

白内障とアトピーの意外な関係とは

目の水晶体が白濁することで起こる白内障は、主に加齢が原因とされています。 目のかすみや二重や三

記事を読む

no image

食べすぎはアトピーを悪化させる

アトピーは食べ物とも非常に深い関わりがあります。 何をやってもなかなかアトピーが治らない場合には食

記事を読む

no image

お菓子とアトピーの関係

チョコレートやケーキ、プリンやアイスクリームなど甘いお菓子が大好きという人も多いかと思いますがアトピ

記事を読む

no image

海水でアトピーが改善する?その理由とは

海水浴をしたらアトピーの症状が軽くなったという声を聞いたことがないでしょうか。 アトピーを改善させ

記事を読む

no image

アトピー肌の肌着はこれを着れば問題なし!

アトピー肌を悪化させてしまう原因に洋服の摩擦が挙げられます。 常に素肌と密着している肌着選びは

記事を読む

no image

アトピーの最新治療※2017年現在

症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すアトピーに悩まされている人も多いかと思いますが、医療の進歩に

記事を読む

no image

アトピーと睡眠の関係

疲れているのにアトピーの痒みでなかなか眠れないという方も多いのではないでしょうか。 しかし美肌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
アトピーと睡眠の関係

疲れているのにアトピーの痒みでなかなか眠れないという方も多いのではない

no image
アトピーによる傷跡の簡単な治し方

強い痒みを伴うアトピーは、どうしても無意識のうちに掻きむしってしまい色

no image
耳の中がアトピーで痒い時の対処法

アトピーになると顔や腕、足など身体のあらゆる部分が痒くなるという辛い症

no image
アトピー肌の肌着はこれを着れば問題なし!

アトピー肌を悪化させてしまう原因に洋服の摩擦が挙げられます。 常

no image
治りかけのアトピー肌にはこのスキンケア!

アトピーが改善されるまでにはさまざまな工程があります。 バリア機能が

→もっと見る

PAGE TOP ↑